合宿なら最短どれくらいで車の免許が取れるのか

合宿免許で運転免許を取得するメリットの一つは、最短日数で免許を取得できることです。自動車教習所に申し込む際に合宿コースを選択すると、教習のスケジュールは教習所側によって組まれます。このスケジュールは余程の事情がない限り最短日数で卒業ができるように組まれるため、教習所に入所した人は卒業するまでは朝から夕方まで教習漬けとなります。
例えば、何も免許を取得していない人が普通免許の取得を目指す場合の教習時限数は、学科教習は26時限、技能教習はAT車限定免許だと31時限、限定なしだと34時限となっています。もし、普通免許を合宿で取得する場合、学科教習の場合は1日あたり2~4時限、技能教習の場合は1日あたり2~3時限のペースで受けていくように日程が組まれ、順調に進めばAT車限定免許だと14日間、限定なしだと16日間で卒業することができます。免許を取得するためには、このあと運転免許試験場での学科試験に合格しなければなりませんが、普通免許の学科試験は平日であれば毎日実施していることが多いので、最短で免許を取得するのであれば教習所を卒業した翌日に学科試験を受けるようにすれば良いです。したがって、普通免許を最も短い期間で取得したい場合は、AT車限定免許であれば15日程度、限定なしだと17日程度の期間を確保できれば良いことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です