運転免許を合宿で取るデメリット

運転免許を取得する方法としてまず頭に思い浮かぶものは、『自宅から教習所に通う』ということになりますが、現在は地方の教習所に泊まり込みながら通う『合宿免許』も盛んに行われています。この合宿免許では多くメリットが存在します。例えば、教習所に通いながら講習を受ける場合と比べ、半分の期間で運転免許を取得可能な点。費用が安い点。交通量の少ない地方の道路で運転の基本技術を習得できる点などです。一方で、これらのメリットはデメリットともなります。まず運転免許取得期間が短い点についてですが、これは免許取得に必要な講習を平日の朝から晩まで詰め込みで行うため、基本的には平日に自由な時間は全く無いということになります。この詰込みのために免許取得期間の短縮が成立しているのです。また、地方の交通量の少ない道路で運転技術を習得することは出来るのですが、実際に都会の交通量の多い道路を走行した場合、その違いに戸惑ってしまうことがあります。都会の道路に慣れない場合、非常に危険な状況となってしまうこともあります。このように、一見メリットばかりが目立つ合宿免許にも多くのデメリットが存在しているのです。参加を検討する際にはこれらのメリットとデメリットを天秤にかけることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です