合宿なら最短どれくらいで車の免許が取れるのか

合宿免許で運転免許を取得するメリットの一つは、最短日数で免許を取得できることです。自動車教習所に申し込む際に合宿コースを選択すると、教習のスケジュールは教習所側によって組まれます。このスケジュールは余程の事情がない限り最短日数で卒業ができるように組まれるため、教習所に入所した人は卒業するまでは朝から夕方まで教習漬けとなります。
例えば、何も免許を取得していない人が普通免許の取得を目指す場合の教習時限数は、学科教習は26時限、技能教習はAT車限定免許だと31時限、限定なしだと34時限となっています。もし、普通免許を合宿で取得する場合、学科教習の場合は1日あたり2~4時限、技能教習の場合は1日あたり2~3時限のペースで受けていくように日程が組まれ、順調に進めばAT車限定免許だと14日間、限定なしだと16日間で卒業することができます。免許を取得するためには、このあと運転免許試験場での学科試験に合格しなければなりませんが、普通免許の学科試験は平日であれば毎日実施していることが多いので、最短で免許を取得するのであれば教習所を卒業した翌日に学科試験を受けるようにすれば良いです。したがって、普通免許を最も短い期間で取得したい場合は、AT車限定免許であれば15日程度、限定なしだと17日程度の期間を確保できれば良いことになります。

運転免許を合宿で取るデメリット

運転免許を取得する方法としてまず頭に思い浮かぶものは、『自宅から教習所に通う』ということになりますが、現在は地方の教習所に泊まり込みながら通う『合宿免許』も盛んに行われています。この合宿免許では多くメリットが存在します。例えば、教習所に通いながら講習を受ける場合と比べ、半分の期間で運転免許を取得可能な点。費用が安い点。交通量の少ない地方の道路で運転の基本技術を習得できる点などです。一方で、これらのメリットはデメリットともなります。まず運転免許取得期間が短い点についてですが、これは免許取得に必要な講習を平日の朝から晩まで詰め込みで行うため、基本的には平日に自由な時間は全く無いということになります。この詰込みのために免許取得期間の短縮が成立しているのです。また、地方の交通量の少ない道路で運転技術を習得することは出来るのですが、実際に都会の交通量の多い道路を走行した場合、その違いに戸惑ってしまうことがあります。都会の道路に慣れない場合、非常に危険な状況となってしまうこともあります。このように、一見メリットばかりが目立つ合宿免許にも多くのデメリットが存在しているのです。参加を検討する際にはこれらのメリットとデメリットを天秤にかけることが重要です。

運転免許を合宿で取るメリット

自動車はとても便利なものです。旅行に行くことや遊び、買い物に行くなど自動車で簡単に移動することができ、荷物や人を乗せることもできるために便利なものです。
しかし自動車を運転するためには運転免許が必要なのです。自動車の場合は18歳になれば取得することができますがすぐに運転ができるわけではないので免許取得には時間がかかってしまうことになります。
運転免許を取得する方法は教習所に通うという方法と合宿で取得する方法があります。合宿のメリットは早く取得することができるということです。
教習所に通う場合は時間割りというものがあり、その時間割りの内容と自分がどこまで進んでいるか、うまく組み合わせて進めていかなければなりません。しかしステップがあるのでひとつとばして先に受けておくということができないのです。
しかし合宿の場合はステップごとに時間割りが設定されていて、その順序ごとに受けていくことができるために早くそのステップを終了することができるのです。
教習所では長い場合、数ヶ月かかることもあります。その時間を短縮することができるということがメリットなのです。
例えば学生時代の休みの間に運転免許を取得することも可能なのです。